Pocket

小規模事業者持続化補助金
「コロナ特別対応型」
を活用した飲食店業態転換

コロナ禍に対応した業態転換が必要だけどキャッシュアウトが・・・

これをご覧頂いているあなたはもう必要性を感じていると思います。
コロナ禍にも新しい生活様式に対応した飲食店の業態づくり。
その転換が必要なのは感じているけど、今ここでキャッシュを減らすことは
出来るだけ避けたい。
そう考えることは至極当然であると思います。
そこで今だからこそできる小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)を
活用して出来る限りキャッシュを減らさずにこれからの時代に対応した
業態に転換、売上の財布を増やすことが大事だといえます。

最大100万円の補助が受けられます。

この小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)はどれだけ補助してくれるの?

最大で100万円まで補助されます。

何か条件があるんでしょ?

申請135万の場合、補助率が4分の3となっているので100万円が助成金額の上限となります。
また、飲食店は補助対象経費の6分の1以上を非対面型ビジネスモデルへの転換の経費が必要となります。

非対面型ビジネスモデルへの転換って具体的にどんなものが対象になるの?

例えば
・テイクアウトページ付きHP制作 
・テイクアウト用チラシ 制作
・通販やテイクアウト注文決済サイト
・業態転換コンサルティングなどが挙げられます。

やっぱり対象狭いだね・・・。

ただ、上記の費用が補助対象経費の6分の1以上の費用で計上すれば
他の販促物制作や機器の購入に補助金を充てることが出来ます。

そうなんですね!
これを活用すれば、この機にテイクアウト、宅配、通販も始めていけるチャンスかも。
申請期限はあるんですか?

今後の補助金の申請期日は、
第4回受付締切: 2020年10月 2日(金)
となっておりますので、今から準備すれば間に合いますよ。

10月の申請がコロナ型最後になる可能性もあり、
コロナ型は申請が通りやすいので最後のチャンスでもあると考えられます。

小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)の詳細は下記をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金とは?

概要1-1
小規模事業者等が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。 現在「一般型」と新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者向けの 「コロナ特別対応型」の 2 種類があります。 この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます。 今回は「コロナ特別対応型」申請上限150万円の補助金を使った案内になります。
「コロナ特別対応型」は、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるため、補助対象経費の6分の1以上が、以下のABCいずれかの要件に合致する投資を行う小規模事業等の販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。 なお、複数の類型に合致する場合は、投資額の合計額が補助対象経費の6分の1以上であれば支援対象となります。 また、「コロナ特別対応型」では、次のページのABCのとおり類型をに分類しています。 この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、 補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助 を受けます。

概要2‐2

今回はコロナ対応型ということで補助金の申請上限が150万補助率が4分の3となっています。上限100万円
補助対象経費の6分の1以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資を行う小規模事業者等になります

A:サプライチェーンの毀損への対応 
   顧客への製品供給を継続するために 必要な設備投資や製品開発を行うこと
B: 非対面型ビジネスモデルへの転換
   非対面・遠隔でサービス提供するビジネスモデルへ転嫁するための設備・システム投資を行うこと
C:テレワーク環境の整備  
   従業員がテレワークを実践できるような 環境を整備すること 

飲食店の場合は「B」に該当する施策を行うことで補助金対象になります。
そして、飲食店は、常時使用する従業員の数 5人以下であることが対象です。
(おおよそ1~4店舗程度の規模のお店でしょうか。)

B:非対面型ビジネスモデルへの転換とは?

例)テイクアウト宅配ビジネスの転換のための施策
・テイクアウトページ付きHP制作 
・テイクアウト用チラシ 制作
・業態転換コンサルティング

上記の費用が補助対象経費の6分の1以上の費用で計上すれば
他の販促物制作や機器の購入に補助金を充てることが出来ます。

■今後の補助金の申請期日
第4回受付締切: 2020年10月 2日(金)
(10月の申請がコロナ型最後になる可能性があり、コロナ型は申請が通りやすいので最後のチャンスとも考えられます。)

※今回の「コロナ特別対応型」では遡及適用があるため採択前の経費も補助の対象になります。

申請から採択までの流れ【小規模事業者持続化補助金コロナ対応型】

自社の管轄の商工会または商工会議所を調べ、応募要領をダウンロードしましょう

r2.jizokukahojokin.info/corona/  町村→商工会 市区→商工会議所

STEP
1

申請用の書類一式をダウンロード

商工会と商工会議所では様式が異なりますのでご注意ください

STEP
2

様式-1、2、4、(5)の申請書の記入と制作物購入物の見積もり書を依頼する

様式-2の経営計画書はご依頼を頂ければ繁盛会で記入いたします

STEP
3

商工会議所に相談員にアポイントをとり申請書の添削をしてもらう

相談員に添削してもらうことは必須です。真摯な対応で不安なところなど修正必要な部分をじっくりと聞きましょう。

STEP
4

様式-3を商工会議所から受け取る

様式-3はダウンロードではなく商工会議所からで受け取ります。
相談・添削は1~2回です。様式-2は事業概要・計画・実施内容・予測効果を記載します。

STEP
5

郵送で所定の場所へお送りください。

採択の結果はおよそ2ヵ月後になります。

STEP
6

持ち出し35万で135万円分も可能!

◆補助金の使い方と持ち出し金

35万円で135万円分のコンサル&制作物が作ることができ備品調理機器の購入できる

★HP作成 ★写真撮影 ★チラシ印刷代
★テイクアウト宅配チラシ 
★業態転換コンサルティング
★テイクアウト注文決済
★テイクアウト窓口※
・メニューブック ・ポスタータペストリー

※非対面ビジネスモデルへの転換に対応が必要です。ご相談ください。
B:非対面型ビジネスモデルへの転換用の経費(★)が
補助対象経費の1/6以上必要となります。

どのような業務転換ができるの?

例えば、居酒屋業態が食事需要への対応やテイクアウト・宅配・通販などの店外売上へ対応するためなどありますが、
立地や業種業態によりすべきことが異なるので弊社コンサルタントが業務転換コンサルティングを行いご提案させていただきます。
 
その業態転換のためにスタートした飲食店繁盛会の新サービスがこちらです。↓

~お知らせ~

このサービスを開始してから、
申し込み・お問い合わせが集中しておりますので
いつ受付が一時中断するかもわかりません。
この小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)を活用して
今後の事業を強く安定させたいとお考えでしたら、
このまま下記をご一読ください。

業態転換まるごとサポート

この小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)を活用していくにあたり、
コンサルタントのアドバイスをもらいながら、今、コロナ禍、アフターコロナの時代に
自店舗に何が必要でどうしていくのが最も最適なのかを一緒に考えて
実際に構築していくサポートです。
申請に対してのアドバイスや様式2の記入もサポート致します。

飲食店繁盛会が業態転換サポートをする際の例

  • ★テイクアウト宅配チラシ 10万円
  • ★テイクアウトページ付きHP作成 5万円 宅配実施なら+5万円
  • ★チラシ印刷代 10万円
  • ★業態転換コンサルティング 30万円
     お店への出張コンサルティング付き
  • ★写真撮影 5万円
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    非対面型ビジネスモデルへの経費 60万円・・・(ア) 
  • ・メニューブック 60万円
  • ・ポスターやタペストリー 5万円
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    小計  65万円 ・・・(イ)
  • ・お店で必要な機器・備品購入—–20~30万円・・・(ウ)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              (ア)+(イ)+(ウ)の合計およそ145~155万円

このサービスの対象は?

このサービスの対象となるのは以下の要件を満たしていることが前提となります。
・商業、サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下であること
 (おおよそ1~4店舗程度の規模のお店でしょうか。)

  • 常時使用する従業員の数とは?
    ・基本的には法人の場合は役員を除いた正社員数
    ・個人事業の場合は事業者本人を除いた正社員数

    非正規雇用であるパートアルバイト、契約社員は以下に該当する場合は
    通常の従業員と比べて労働時間が短いので除外されます。
    ・日々雇い入れられるもの
    ・2カ月以内の期間を定めて雇用されるもの
    ・季節的業務に4カ月以内の期間を定めて雇用されるもの等
    ・所定労働時間が同一の事業所に雇用される「通常の従業員」の所定の労働時間に比べて短いもの

    ただ、条件によっては非正規雇用であっても常時使用する従業員に該当する場合もあります。
    ・正社員がいなくフルタイムの基幹的な働き方をしている場合など

このサービスを利用して業態改善すると・・・

この飲食店繁盛会『業務転換まるごとサポート』を利用するとこんなメリットがあります。

▼▼『業務転換まるごとサポート』5つのメリット▼▼▼

  • キャッシュアウトを最小限にして業務転換ができる
  • 飲食店の収入の財布を増やすことができる
  • 新しい生活様式に対応した強い店舗を作れる
  • 業務の効率化をはかりスタッフの待遇改善をして人材不足に対応していく
  • グルメサイトに頼らない集客を自社のメディアで発信できる

「そして、通販に力を入れて業態転換したい!」という方は↓

通販を始めたい方へはこちらがオススメ

通販構築まるごとサポート

こちらも業態転換まるごとサポートと同様に小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)を活用して
最大100万円の補助を受けることができます。

飲食店繁盛会が業態転換サポートをする際の例

  • ★通販構築まるごとサポート        100万円
     ・通販構築コンサルティング        30万円
     ・通販対応ホームページ作成     21〜26万円
       ホームページ運用保守1年間付き        
     ・通販サイト作成(BASE)       10〜15万円
     ・通販チラシ作成(写真+デザイン)   10万円
     ・出張コンサルティング         15万円
     ・コンサルト旅費別途           5万円
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    非対面型ビジネスモデルへの経費 約100万円・・・(ア) 
  • ★チラシ印刷代金 
    ★お店で必要な機器・備品購入—–50万円・・・(イ)
       ・真空調理機     30万
       ・成分分析委託費   10万
       ・食品保存検査     6万
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              (ア)+(イ)の合計およそ145~155万円

サービスの流れ

ここでどのような流れで進んでいくのかをイメージし易いようにフローをご用意させていただきました。

1.下記の申し込みフォームよりご連絡ください。
2.コンサルタントによるヒアリング
まずはオンライン(zoom)または電話にて現状のヒアリングをさせて頂きます。*弊社事務所 or オンライン
3.ご提案
ヒアリングさせて頂き小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)を活用してやるべきことをご提案させていただきます。
4.無料個別相談
コンサルタントがお店の現状をヒアリングして、本サービスのお客様にベストなプランとお見積りをご提案します。
*弊社事務所 or オンライン
ここまで費用は一切かかりませんのでご安心ください。
5.ご契約・発注
発注に際して必要な契約をいたします。 コンサルタントと無料個別相談で直接話しをして依頼するかご判断ください。
※お支払いについては、状況に応じてご相談いたします。
6.1回目のコンサルティング
1回目のコンサルティングは、ご希望に応じて、交通費・宿泊費実費にて、お店に伺うか、弊社事務所にて対面で行います。無料相談のご提案内容をさらに深くして方向性を決めます。
7.コンサルティング&デザイン
2回め以降は、オンライン(電話)か弊社事務所にて必要に応じて何回か行います。また、1回目のコンサルティングで決めた方向性に沿って改善のためのデザインをしていきます。
8.確認・納品
必要に応じて修正を行い、納品となります。制作物を全て納品した時点でサービス終了となります。
コンサルタントによるアフターフォロー相談
サービス終了後のアフターフォローとして1ヶ月後にコンサルタントから連絡を差し上げますので、必要に応じてご相談ください。

でも、もし小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)に採択されなかった場合、支払いが難しいと思われると思います。

★ご安心ください。

仮に8月・10月・12月の申請が全て採択されなかった場合は費用の一部のみ受領、あとは返金※となります。

※こちらはご相談の際にお伝えさせていただきます。

ここまででご不明な点などございませんでしょうか?
もし、「ここがわからない。」などございましたら
こちらのお問い合わせフォーム(hanjoukai.com/contact/)より
お気軽にお問い合わせください。

~お知らせ~

このサービスを開始してから、
申し込み・お問い合わせが集中しておりますので
いつ受付が一時中断するかもわかりません。
この小規模事業者持続化補助金(コロナ対応型)を活用して
今後の事業を強く安定させたいとお考えでしたら、
下記から今すぐお申し込みください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

お申し込み

下記の申し込みフォームからご連絡ください。